多重債務

支払いに行き詰った際の対処

何らかの都合で、金融業者への返済が不能に陥ってしまった場合、冷静な判断を下すことが重要です。まず、どうして返済が不能に陥ったかを考えてみましょう。

  1. 返済のために借入を繰り返していたら借金が増えすぎてしまって払えなくなった
  2. 勤務先をリストラ、または倒産してしまって収入が絶たれた
  3. 不景気ゆえに給料が減らされた
  4. パチンコなどのギャンブルに使った
  5. 愛人が出来て貢いだ

支払いが滞った人の大半が1の自転車操業です。返済のための借り入れを繰り返していたら、借金が増えていっていずれはパンクすることが自明の理です。なるべくしてなったと考えたほうがいいでしょう。

会社都合による返済不能は仕方がないでしょう。この場合は失業保険を上手に利用して返済に回すか、それでも足りなかった金融業者にきちんと説明すべきです。その他のレジャーやギャンブルといった理由は論外です。

相談所の活用

当月の返済が不履行だと分かった時点で、早めに対処をしておくことが重要です。実際に不履行にしてしまうと、金融業者からの催促の通知がきてしまいますし、借入先が危ないところなら厳しい取り立てを受ける恐れもあります。

こういった苦難から脱出するために夜逃げなどを考える人もいますが、それでは何の解決にもなりません。貸金業者は顧客が逃げることも想定していますし、実際に逃げた人を探すノウハウも持っています。簡単に転居先を見つけられた挙句に、貸したお金と併せて遅延損額金も請求されることとなります。

とにかく返済に困ったら、一人で考えるのではなく専門家に相談されることをお勧めします。

サイトの概要