金融

サラ金とは

サラ金とは、サラリーマン金融の略です。昭和30年代に発祥したサラリーマン金融ですが、団地の主婦を相手に金銭賃借をしていた団地金融がその前身となります。今でこそ団地は古臭い印象を持ちますが、当時の団地は一流企業に勤めるサラリーマンが多く、団地に住むことは一種のステータスにもなっていたのです。

したがって信用力も高かったことから、それに目を付けた金融業者がキャッシングを開始したのです。

その後、サラリーマン金融は手軽に借りれることから爆発的に広がっていったのですが、同時に数々の事件にも発展していきました。当時はまだ法律の整備もされていなく、金利も今では考えられないほどの高金利で、尚且つ支払いが滞った消費者に対して、厳しい取り立て行為をする社員が跳梁跋扈していたのです。

その結果、借金に困った人たちが自殺に走ったりして、それが社会現象にまで発展していきました。そして必然的にサラリーマン金融という名称にも怖いという影響が出てしまったのです。そういった印象を払拭する目的で、サラリーマン金融という名称を廃止にして、一般受けするであろう消費者金融に切り替えて現在に至るわけです。

結論から言えば、サラリーマン金融と消費者金融は同義語になります。当時と現在では法律の整備が異なるだけで、どちらも消費者に対して金銭賃借契約を施して営業をしている金融業者ということになります。